コラム

慢性頭痛(緊張型頭痛)と整体(カイロプラクティック)

慢性頭痛(緊張型頭痛)と整体(カイロプラクティック)

はじめに

頭痛はとても身近な症状で、一般的に日本人のおよそ3〜4人に1人が「頭痛持ち」と言われています。当院においても、最近来院いただいた女性の方の約10人に1人の割合で、症状として頭痛を伴って訴える患者さんがいます。

原因や種類は様々で、大きく分けますと病院で検査をしても特に異常が見つからない慢性頭痛と、脳腫瘍や髄膜炎などを原因とする病的な頭痛とに区別できます。

今まで体験がなかったような・他に何もできなくなる頭痛、頭を振った時や明るいものを見たりすると憎悪する頭痛、発熱や発疹・嘔気を伴う頭痛は病的な頭痛の可能性が高いので、早急に専門医へご相談下さい。

慢性頭痛にもいろいろ種類がありますが、ここでは女性に多く「はちまきで締め付けられるような痛み」と形容されることが多い、緊張型頭痛をとりあげていきます。


どんな頭痛?どうしたらいいの?

緊張型頭痛は女性によくみられ、数日間持続することもあり、徐々に進行していきます。原因としてはストレスやうつによって起ることが多いとされ、首や頭の横側の異常なコリが主な問題とされています。

例えば、身体的ストレスは、パソコンを使用したデスクワークや長時間同じ姿勢を続けること・目を酷使すること・合わない枕を使用することなどで起こります。そうなることで、首や肩・頭まわりの筋肉が緊張し、筋肉中に乳酸などの疲労物質がたまり、周囲の神経を刺激して痛みを招くと考えられています。
また、性格的には真面目で緊張感や不安感が強い人、気分転換がうまくできない人に多いようです。悩みや不安など精神的ストレスがたまると自律神経の働きが乱れ、頭痛の引き金にもなります。

当院では独自の整体(カイロプラクティック)・バイオメディック技法で凝り固まった首や肩・頭まわりの筋肉もじっくりとゆるめていき、さらに筋肉の緊張を取り除き、動きの悪かった関節に動きをつけ、疲労物質を流しながら身体のバランスなどを整えていきます。その結果、精神的にも落ち着き自律神経のバランスも整い、頭痛の症状がやわらいでいくことが多いようです。
ただし、慢性頭痛である片頭痛は一般的には血流を良くすることで三叉神経を刺激して、症状を悪化させてしまうと言われていますので注意が必要です。
当院では冷やしながら施術することで落ち着いてくる方も多くいます。

最近、自己判断で市販の薬などを飲み続けることによる「薬剤誘発性の頭痛」も増えてきているとの報告もあります。頭痛を引き起こす原因が生活習慣である場合はその原因を早めに改善し、日頃から心身をリラックスさせて、ストレスをため込まないように心掛けましょう。