冷え性について

はじめに

最近季節を問わず、冷え性でお悩みの方は多いのではないでしょうか?
冬の寒い時期の『冷え』は深刻ですが、夏でも様々な理由で『冷え』を訴える患者さんが増えています。
冷え性は、ただ単に手や足が冷たくなるというだけでなく、
身体に様々な悪い影響を与えていきます。

例えば、肩こり・腰痛・自律神経失調症・胃潰瘍・大腸炎・便秘・下痢・生理不順etc・・・直接的ではないかもしれませんが、『冷え』が症状の一因となることは確かのようです。

冷え性は何故起きるの?

まず、手や足は温かい心臓から遠いため、ただでさえ冷えやすい箇所です。気温や室温が低くなってくると身体の主要部分を冷やさないようにするために、末梢の血管が収縮して体内の熱を逃がさないようにします。また、最近では自律神経の異常から末梢血管の収縮がうまくいかず、冷え性になってしまう方もいます。   
そのために末梢にある手や足の血流が悪くなり『冷え』をひどくしてしまい、身体全体を冷やしてしまうのです。

『冷え』を良くするために…

『冷え』に対しては、ひどくなってしまう前に身体の血流を良くしてあげる《特に手先足先の動静脈吻合部〈通称AVA〉の血流量を上げてあげる》ことが大切です。

ただし、手先足先の血流をよくする為に、直接その部分を温めてもほとんど効果はありません。
手先足先のセンサーは手先であれば首に、足先であれば仙骨近辺にあるようです。ここを冷えを感じる前(お風呂あがり時等)にウォーマーなどで保温してあげることがポイントになります。

当然ここのセンサー部分にコリや歪みがありますと反応が悪くなります。当院では、首や仙骨・その他の筋肉・関節も時間をかけてゆっくりとほぐしていきます。その結果、身体全体の血流がよくなり、自律神経の異常に対しても効果的です。

早めの対応が必要です。

 

また最近では◎40歳以上の方に多い下半身だけ冷たい冷え性

◎手先足先は温かい冷え性などが出てきています。

こちらの冷え性の対策にも悩まれている方が増えてきています!

下半身型冷え性は子育てママさんに増えてきていて、出産後の骨盤の歪みや子育て中の抱っこなどにより

腰周辺の異常により発生していることが多いです。

この場合骨盤矯正や腰周りの筋肉のほぐし&バランス調整が施術効果が高いです。

また、手足が温かい冷え性は、自覚が出にくく検査をしても理由がわからないだるさや疲れを感じる方などが発症していることが多いです。

こちらの冷えている場所は『腸』

腸内細菌の存在は最近知られてきていますが、腸の体温も適切でないと身体の不調が出てきます!

こちらの場合お腹をほぐして血流をあげてあげる施術が当院では効果が出ています!

 

いずれの冷え性も自己判断で軽く見ないで下さい!出来ればお医者さまの判断を一度受けられることをおススメいたします!