四十肩・五十肩について

はじめに

現在、肩に痛みがある方でも自分の年齢と四十肩・五十肩の総称とが結びつかない方もいらっしゃるのではないでしょうか?
四十肩・五十肩は『肩関節周囲炎』といって、ある日突然に肩から腕にかけて痛くなり、腕が動かしづらくなる状態などの総称です。痛みはないけれど、肩に何か違和感がある人も四十肩・五十肩の初期段階の可能性があります。
特にきっかけもなく、60代・70代の方はもちろん、20代・30代の方でも誰にでもおこり得るものなのです。

四十肩・五十肩って何?どうすればいいの?

四十肩・五十肩は、お医者さんに一言『老化』と言われたり、本人自身も年だから仕方がないと諦めて放置してしまっている方も多くいますが、その原因としては、はっきりとはわかっていないようです。
しかし当院の患者さんの場合、首肩やそのまわりの筋肉のコリや疲労などによる老廃物の蓄積が関係していることが多いようです。それらの原因が単純に、または複雑に交じり合うことにより痛み自体にも個人差が生じています。ひどい人の場合は激しい痛みを伴うこともあり安静にしていても痛く、夜間にも痛むために睡眠が十分にとれない人も多くいるようです。

痛みの程度の軽い場合は、時間がたてば痛みは自然に軽減し消滅していくこともありますが、軽減しているのではなく痛みに対して慣れてしまっているだけ、というケースもあるので注意が必要です。さらに症状が進行していくと、腱板損傷・腱板断裂や骨棘形成などになり手術を要する場合もあります。

また日常生活中で着替えの時や頭を洗ったり洗濯物を取り込む時に痛みがでたり、何気ない姿勢の時に痛みを感じその動作をとるのが困難と感じることも、なった人にしかわからない四十肩・五十肩のつらいところです。
そうならないためにも、そのまま放置しておくのではなく、自分の状況を把握しておくことも大事なことです。痛みが出る前から肩コリがあった方や疲労感を感じていた方は、そのコリや疲労物質の排出を積極的にしていくことにより早い回復がみられることがあります。

当院では、整体(カイロプラクティック)の施術やバイオメディック機器を使用して
首肩やそのまわりの筋肉や靭帯に加え、全身のバランスを整えていくことで筋肉のコリや緊張を深部からゆるめていき、疲労物質の排出をうながしていきます。
肩まわりだけの自己流のストレッチではかえって痛みを増してしまう場合もあります。
コリを甘くみずに、日頃から身体のメンテナンスを行い、疲労をため込まないようにして四十肩・五十肩を未然に防いでいくこともとても大切です。
このような症状を訴える患者さんも多数来院されている当院まで、お気軽にご相談下さい。